面白い記事を見つけました。
http://exci.to/2weurcR
東京医科歯科大学 名誉教授の藤田紘一先生の記事です。

先生が55才になられた頃、やはり年齢も年齢ですし
薄毛を気にされるようになった訳です
その時「ハゲに効く」と巷で言われているような頭皮マッサージ、
育毛剤など一通り試したらしいのですが

当研究所でも掲げておりますが、やはり効き目はなかったようです。

先生のこれまでの食生活は若い頃から
昼は高カロリーなこってりラーメンに半ライスに餃子など
そして甘いものもアイスやチョコなど運動不足も相まって
重度の糖尿病を患った事により あることに気づく訳なんです!

糖尿病から脱しよう!これが薄毛への脱却となる訳なんですね。

長くなりますのでざっくりと要点だけ書きますね。

人が食べたものは腸で吸収されるのはみなさんご存知でしょう。
その腸が糖質を嫌い活性酸素を発生させ老化につながる
健康な毛髪は人の体の組織の中で特に老化しやすい組織であり
活性酸素のダメージを受け薄毛につながるという事らしいんです。

簡単に言いますと、糖質はハゲに良くない!ということです。
糖質を抑えたことにより76才なります先生は現在もフサフサらしいです。
詳しく書きますと長くなりますし

もっと知りたい方は先生の書いた本がありますので
そちらをお買い求めになって見てください。